ピタゴーラ!

ポケモンについて

【S9 シングル最高2111】サブロム使用構築 「ピタゴランドバシャカグヤ」


ピタゴーラ!ピタゴラスです!
S9お疲れ様でした。今期は2ロムで別の構築で潜りました。そのうちのサブロムの構築記事になります。メインロムの構築は下記リンクにあります。

http://pythapoke.hatenablog.com/entry/2018/05/14/002208




【戦績】

最高レート2111
最終レート2043 ランキング176位

21チャレはキャスで放送していたのですが同時閲覧130人、合計1300人とたくさんの人が見に来てくれて嬉しかったです。今後も頻繁にキャスをしていくのでよければ見に来てください!



以下常体



【コンセプト】
ステロ+メガ+ Zのパワーの常にある選出で相手を制圧する。
メガとZは抜き性能の高いポケモンで固めた。
積みリレーや積みサイクルと一般に言われている(多分)。



【クイズ】
パーティ6匹の性格が全部違います!
当ててみよう!



【パーティ】
f:id:PythaPoke:20180515110555g:plain
ランドロス(霊獣)

持ち物 : 気合いの襷

育て方 : 急勝 H4 AS252

実数値:165-197-99-x-100-157

技構成 : 地震、岩封、ステロ、大爆発

調整意図:
A ぶっぱ
B<Dダウンロード対策
S 最速

ステロ要因。全試合初手で出してステロを撒きに行く。ランドより速いテテフとの初手対面は岩封から入る。裏にリザがいるなら次のターンはステロや地震読みで最速リザ出しでニトチャの起点にされる為、岩封を連打するとイージーウィンできたりする。ゴーリ対面は爆発安定。

初手のカバ対面でお互いステロ、こちら地震、相手欠伸、爆発退場で裏圏内に入れるという起点回避能力を評価していた。しかし、環境のカバがHB混乱実ばかりでHPを半分以上残されて萎えた。

襷で耐久は関係ないからB個体値を下げてDL対策をしようと思ったら性格を急勝にするだけでできることに気づいた。DL対策が生きる機会はほぼなかったがBを下げたことによる弊害もなかったので正直どうでもいい。陽気でいい。(急勝ランド全1を名乗りたかっただけ)

リア友から借りパクしたアルファサファイアで厳選しました。ありがとう()。今度返します。
AS産だからASぶっぱてかw



f:id:PythaPoke:20180515110718g:plain
バシャーモ

持ち物:バシャーモナイト

育て方:やんちゃ A124 C244 S140

実数値:
メガ前 155-171-90-161-81-118
メガ後 155-215-100-181-90-138

技構成:フレドラ、膝、めざ氷、守る

調整意図:
A H252ガルドをフレドラで確1
C H252マンダをステロ込みめざ氷で確1
S 1加速で最速メガミミロップ+2

メガ枠その1。単純にステロから技範囲の広いバシャーモは強い。マンダやランドでバシャを止めようとする構築に強く出れるめざ氷は優秀だった。マンダバシャ対面はめざ氷安定。



f:id:PythaPoke:20180515110755g:plain
テッカグヤ

持ち物:飛行Z

技構成:エアスラ、身代わり、宿り木、ボディパ

育て方:臆病 H4 B4 C220 D28 S252

実数値:173-×-124-155-125-124

調整意図:
H 4n+1 身代わり意識
B 端数
C 余り全部
D ダウンロード対策
S 最速 ボディパで最速スカテテフ+7、素で準速ガッサ+2

カバルドンで止まらないアタッカー。ステロ込みでリザを倒せるボディパ飛行Z型。ステロと合わせることで非常に受けループに強くなる。

うまいことボディパを積んで身代わりを残せればやどみがで嵌めてほぼ勝ちになる。特にランドやグライ対面を作れば有利になることが多い。マンムーはランドの威嚇込みで起点にする。

技構成は受けループに最も強くできる構成。身代わりはラッキーの電磁波等を意識している。ステロを撒いてから宿り木を絡めながらエアスラを連打すればいつか怯んで勝てる。ただ、怯みに依存するので光の壁ラッキーが若干面倒だった。受けループを意識するなら控えめもありだと思う。

受けでしかカグヤを使ったことがなかったのでこいつの強さに気づくのに時間がかかった。

個体を下さった方ありがとうございます。



f:id:PythaPoke:20180515110843g:plain
ギャラドス

持ち物:ギャラドスナイト

技構成:地震、アイへ、氷の牙、竜舞

育て方:陽気 H4 AS252

実数値:
メガ前 171-177-99-×-120-146
メガ後 171-207-129-×-150-146

調整意図
H 奇数
A ぶっぱ
S 最速 1舞で130族抜けるようにするついでに最速

ミミゲッコを起点にするメガ枠2。ABミミですら止まらないエースとしてアイへ持ちを採用した。アイへは読まれにく大量のミミッキュを葬った。

挑発や身代わりは範囲が狭くなるので氷の牙と地震の3ウェポンとした。ミミッキュはどんなポケモンとも組まされるので氷の牙を切ってミミマンダで止まったりというような弊害を避ける為にも範囲を広げるのが正解だと思う。カバはカグヤで見れたり挑発ジャラが受けポケモンに強いのでそこら辺をギャラで見る必要はないと判断した。

勧めてくれたフォロワーのオニg..ではなくルカリオ使いの方ありがとうございます。



f:id:PythaPoke:20180515110916g:plain
ミミッキュ

持ち物:霊Z

技構成:じゃれ、シャドクロ、影打ち、剣舞

育て方:意地 H4 AS252

実数値:131-156-100-×-125-148

調整意図:エースなのでASぶっぱ

ミミッキュ枠。範囲を重視して霊Z。対面性能が非常に高い反面、トップメタなので自慢の対策に度々崩される印象。HBに厚いリザやガモス負けることが多々あった。ただ、ミミッキュ意識の汎用性を欠いたポケモンを誘えればより優位に戦える。

また、アーゴヨンジャラランガゲッコウガバシャーモのストッパーしては必須だと思った。バシャに対しては膝読みで出す動きが強い。

ランド+メガ+ミミッキュで出すと選出が物理寄りになってしまうのは注意。

配信で貰ったプレシャス色個体なので投げると呪いないのがバレる()



f:id:PythaPoke:20180515110947g:plain
ジャラランガ

持ち物:ジャラランガナイト (⌒,_ゝ⌒)

特性:防弾

技構成:スケイルノイズ、ドレパン、放射、挑発

育て方:うっかりや H4 CS252

実数値:151-130-145-167-112-137

調整意図:
H 奇数
C 特化 火力重視
S 準速 ジャラZでメガゲン抜き

受けループをぶっ潰す枠。受けループを1匹でほぼ完封できるからか知らないがS9では流行っていた印象。

大抵の構築にフェアリーが入っているので選出率はかなり低めだがフェアリーを確実に呼ぶので選出を読みやすくなる。

フェアリーは裏に残されることが多いので初手のポケモンを見た段階で裏がフェアリー+メガとして3匹の予想がつく。また、受けル以外にも一定数いるジャラを切ったフェアリーなしの構築に対して非常に強い。

Zの元技となるスケイルノイズ、ムドーに安定した打点となる放射、ラッキーを無傷で突破できる挑発とドレパンとした。この挑発の枠を身代わりにしている人をよく見たがドヒドに勝てないのでなしだと思う。氷Zドヒドと対面すると起点回避されるので立ち回りでカバーしたい。受けループにはランドカグヤジャラの選出でいく。ステロからカグヤで暴れて隙をみてジャラランガを出して詰める。これでほぼ100%受けループに勝てる。

受けループのゲンガー意識で防弾にしたが一度も生きなかったので特性は諸説。バレルに投げられる防塵でもいいかもしれない。


【重いポケモン
・水妖(レヒレマリルリ、アシレ)
ミミッキュで削ってメガを通す。ミミ受けと組まされると突破困難になる。

カバルドン
カグヤでしか突破できない。吹き飛ばしなしはカグヤの起点になるため怠けるを切った起点作りがよく来る。役割集中で倒したい。


【構築の経緯】

受けに限界を感じサブロムでは攻める構築を使おうと思った。ステロ+メガ+Zで組めば単純に強いと思い調べたところランドバシャカグヤの構築記事が強そうだと思った。構築を丸パクリしてランドバシャカグヤガルミミポリZを使って19まで行った。そこからパーティを弄っていった。


《使用感からの分かったパーティの問題点》

ミミッキュゲッコウガが重い
そもそもミミッキュを対面から起点にできるポケモンがほぼいない。ミミッキュを倒せるらしいと聞いてHBベースのテクスチャーポリZを試したりもしたが襷ミミッキュ対面で剣舞からじゃれ連打でふつーに突破されたので使うのをやめた。
使っていないがパルシェンはABミミッキュに殻を破った後下からZ+影で倒されるので多分微妙。

・ガルーラの抜き性能がない
使い方がよく分からなかった。元の構築ではゲッコウガをこいつで見てたらしいがSを上げる術がなくエースで抜いて行く自分なりのコンセプトに合わず選出率が非常に低かった。

ポリゴンZの通りが悪い
テクスチャーをすると1ターンを隙を与えてしまうのが微妙だった。Sもそこまで高くなく耐久が低いので上からワンパンされてしまう。また、凍風持ちのレヒレが増えて役割対象に起点回避されてしまう。


《以上踏まえての変更点》

ガルーラ、ポリZ→ギャラ、ジャラ

ミミッキュゲッコウガを起点にできるメガエースとしてギャラドスを採用。ここで使いこなせなかったガルーラを解雇。

ガルーラを外しエアスラの怯みだけで受けループを処理するのは流石に不安なのでジャラランガを採用した。ランドバシャカグヤの並びは固定したかったのと最強ポケモンミミッキュは外せなかった。なので上手く使えないポリZを抜いた。

ジャラランガはポリZと異なり攻撃しながら積めるのも優秀だった。

改良はこの1回だけで19から21まで行けたのでこれをパーティの完成形とした。



QRパーティ】
よかったら使ってみて下さい。
(https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4F58-48B9)

【参考】
こちらの記事を参考にしました。
(http://www.ponz-poke.com/entry/2017/09/12/130439)

ランドバシャカグヤで21に行ったとか詐欺をした彼をネタにしてこの並びを使ってみたが本当に2100に行けてしまって驚いている。ただ、彼の騒動がある前からじゅんさんのランドバシャカグヤの記事に感動して実は丸々パーティを育成していた。育てといてブルドヒばっか使ってたので今回使ってみてこんなに勝ててよかった。

【振り返り】

今期は目的としていたレート2100を達成できてとても嬉しかったが、終盤に追い上げられなくて悔いの残るシーズンであった。

今期は早い段階で2ロム2000を達成し片方のロムをもう片方のロムで追い越すのを繰り返しこちらのロムは2100に乗ることができた。もう片方は2092まで行ったが溶かしてしまった。溶かしたロムは戻せなかったので最終日は21ロムの1ロム特攻をした。しかし10時間ぶっ通しで60戦くらいして20帯でずっと停滞してしまい眠気と疲労から撤退することにした。

反省点としてはこのパーティを使い慣れていなかったことが大いにある。21を達成したからこのまま勝ちあがれると思っていが一貫した立ち回りもできずパーティの弱点もたくさん見つかったのでまだまだ実力不足だと思った。

最終日はマッチングがよく上位の人とたくさん戦うことができた。最終日の60戦のうち最初の方は22勢と4回マッチングしたり名前を聞いたことあるような人と戦うことができてとても楽しかった。ボスラッシュはこんな感じなのかなと思った。

そこでレートで一番楽しいのは上位帯でのハイレベルな戦いだと言うことに気づいた。互いの思考のぶつかり合いからの勝利は達成感がある。最近レートの数値やランキングをずっと気にしていたがそれは対戦に伴ってきた結果でありレート対戦の醍醐味はやっぱり対戦を楽しむことだと思った。

来期も最高レートを更新して上位帯での対戦を楽しめるように頑張ろうと思う。

【終わりに】
質問等あればツイッターまでお願いします。
(https://mobile.twitter.com/pythagoras_poke)

ここまで読んでいただきありがとうございました!