運で勝って楽しいか?

ポケモンについて

【S11 シングル最高最終2130 最終19位】サブロム使用構築「ピタゴーリ!」

ピタゴーラ!ピタゴラスです!
S11お疲れ様でした!今期は自己最高レートを更新することができました。目標の30位以内に入れてとても満足しています。今回は今期使用した構築を紹介します!
長文、ナルシスト注意。

今までブルドヒとかランドバシャカグヤとか色々構築記事書いてきましたが長所ばっか書いていただけで正直欠陥だらけでした。しかし、この構築は極端に重いポケモンがいない非常に強い構築だと自負しています。




【戦績】

TN Uピタゴラス
172勝107敗
最高最終レート2130pt
最終順位 19位





今期もほぼ全ての試合をツイキャスで放送しました。21帯では同時閲覧187人と合計閲覧1867で今までで一番多くの人が来てくれて嬉しかったです!これからも頻繁に放送していくと思うのでよければサポートお願いします!
(twitcasting.tv/pythagoras_poke)





【コンセプト】
オニゴーリを通す。ゴーリできついポケモンは他のポケモンで受ける。
・ゴーリで選出を抑制し対面性能の高いポケモンで殴り勝つ。
(選出は2パターンあっても9割はゴーリなんですけどね)




【パーティ】

f:id:PythaPoke:20180905005013g:plain


オニゴーリ

NN:ピタゴーリ!

持ち物:食べ残し

技構成:フリドラ、零度、身代わり、円堂守

育て方:臆病 H172 B36 C4 D44 S252

実数値:177-76-105-101-106-145

調整意図:
H16n+1
HB A4カバの地震をB2⤴︎で身代わりが確定耐え
C 端数
B<D ダウンロード対策
S 最速

最強パンダポケモン。このゲームの真理。
人が環境を意識して必死で考えたそのパーティ、技構成、努力値調整。そんなもののほぼ全てまもみがするゴーリには関係ない。


受け先がいるので基本初手で出す。舐めたパーティは1/7でS上げて勝ちなんてこともしばしば。

オニゴーリを祈ることとキレることでしか対策してない人が多くてめちゃ勝てた。

クレセバレルゴーリで共有パへ、クレセゴーリでゴーリミラーへの比較的安定した回答になる。これによりレートで最も多い構築と運だけクソ野郎に強くなり勝ち上がることができた。

月光乱舞でくるくる回るの可愛い。




f:id:PythaPoke:20180905005033g:plain
クレセリア

持ち物:ゴツゴツメット

技構成:凍える風、電磁波、月の光、月光乱舞

育て方:図太い HB252 D4

実数値:227-81-189-95-151-105(A妥協)

調整意図:リザXの剣舞逆鱗耐え

マンダ、グロス受け。ヌケニンフリージオ、ゴーリミラーを月光乱舞でppを回復して潰す。
(癒しの願いはppを回復できない)
凍風、電磁波のSサポートと三日月の舞からのゴーリの降臨と非常に相性が良い。リザXも後出しから麻痺を入れてゴーリに繋げられる。リザYの場合は受からないのでリザ入りは極力初手にだして電磁波を入れる。晴れにより月の光の回復量が増えるので回復しながら削りを入れられる。

単純にゴーリよりSの低いポケモンに対してみがまも連打で引きが悪かった時に復活させることで2回目のまもみがをする事ができよほど運が悪くない限り起点にできる。

蘇生する余裕があるので毒を持っているかもしれないポリ2にゴーリをぶん投げることができる。




f:id:PythaPoke:20180905005055g:plain
モロバレル

持ち物:イアの実

特性:再生力

技構成:ギガドレ、クリスモ、イカサマ、胞子

育て方:図太い H252 B236 D20

実数値:221-81-132-105-103-50

調整意図:
ミミの剣舞霊Z耐えで木の実発動
ボルトロスの悪巧み特化めざ氷最高乱数切り耐え

ガッサ、ミミッキュ、コケコ受け。毒菱回収要員。胞子からゴーリの無償降臨が可能。
呪い痛み分けミミッキュはこいつとクレセをくるくるしてるだけでppが枯れる。
実際はppが切れる前に引くか呪い退場してくるのでよくわからん。

f:id:PythaPoke:20180905010541g:plain

ゲッコウガ

NN:カズアキ

持ち物:気合の襷

特性: 激流

技構成:波乗り、悪の波動、水手裏剣、冷ビ

育て方:控えめ B4 CS252

実数値:147-103-88-170-91-174

調整意図:火力重視のCS

ガモスを後出しから処理する。ゲンガーがいる時は初手から出すと裏に負担をかけられる。
何だかんだだるいカバの牽制にもなる。
言われるがままに控えめにしたが相手が最速を切ったムーブをするわけがないのでSを削った弊害はなかった。低いゲコの火力を少しでも底上げした方がいいと思った。

NNの由来は対戦相手のTNから。

この個体はフォロワーのきゐさん(https://mobile.twitter.com/kiwi_poke)から頂きました。ありがとうございます!




f:id:PythaPoke:20180905005126g:plain
ミミッキュ

持ち物:ミミッキュZ

技構成:じゃれつく、影打ち、電磁波、剣舞

育て方:意地 H164 A140 B196 D4 S4

実数値:151-140-125-×-126-117

調整意図:
メガバシャのフレドラ確定耐え
ダウンロード対策

ジャラ、アゴ対策。ガッサの処理はマンダバレルでするのでSは振らず繰り出し性能を高めたABミミを採用した。こんだけミミッキュが多いのはジャラアゴのストッパーに容易になれるからだと思う。
ミミッキュは範囲意識の霊Zか威力意識のミミZみたいなところがあるが鋼はゴーリの起点なので威力重視のミミZを自然に採用できるのが理にかなってて好き。

プレシャス入りで呪いないのがバレる()





f:id:PythaPoke:20180905005143g:plain
ボーマンダ

持ち物:ボーマンダナイト

技構成:ハイボ、放射、身代わり、羽休め

育て方:臆病 H4 CS252

実数値:171-148-150-172-110-189 (A妥協)

調整意図:
H 奇数
C H252剣ガルド放射で確1
S カミツルギ意識で最速

ツルギ、ハッサムルカリオ対策。特殊なのはツルギを確1にする為。一応身代わり虫Zガモスに後出しして身代わりを貫通して倒せる。
ツルギいないと出さないので選出率は最下位。


QRパーティ】
(https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4F36-831D)


【選出】
・クレセゴーリ@1

基本的にゴーリとクレセはセットで出す。
@1は相手のゴーリ対策に強いポケモンを出す、

・カズミミマンダ
相手のゴーリ対策が複数見えてゴーリが選出し辛い時にだす。ゴーリピンポ気味の汎用性の低いポケモンをボコす。

・その他柔軟に選出する

【構築経緯】
強い受けサイクルを作りたい。
レートで勝ち上がるには環境に多い共有パと呼ばれる並びに対してある程度有利にする必要がある。
しかし、共有パに選出択なしで勝てる受けサイクルを考えところ不可能だと思った。
そこで共有パはゴーリに弱いという話を聞いたので受け+ゴーリで構築を考えることにした。
ゴーリの取り巻きでゴーリメタへの対策をすることにした。

まずフリージオヌケニン、ゴーリミラー等pp勝負になる相手への対策として唯一ポケモンのppを体力ごと回復できるクレセをを採用した。バレパングロスへの引き先ともなる。

次に呪いミミやタネガンガッサの対策となるモロバレルを採用。麻痺無効で初手に来やすいコケコやボルトも後出しから倒すかゴーリの起点にできるのも優秀だった。

そして、スマホや聖剣で殴り続けてくるカミツルギへの完全な回答としてメガマンダを採用した。また、放射によりバレパンハッサムの処理ができる。ここでメガ枠も消費。

次に皮を盾に麻痺を撒けてゴーリとシナジーがありジャラアゴのストッパーともなるミミッキュを採用した。

ラスト1枠はシャンデラ、ゲンガー、ガモス対策の追い討ちバンギにしていたが構築相談をしたところ襷ゲッコウガの方がいいとのアドバイスをもらった。実際に変えてみたところ汎用性が高くとても強かった。

以上で6体の並びが完成した。

構築相談に乗ってくれたほしりんさん、ルカさんありがとうございます!



【感想】
最初にも書いたが最高レートを更新できてとても嬉しかった。今まで最終は溶かしたことしかなく最終最高レートは2048だったので今回2130で大幅に更新して終えたのは良かったと思う。ボスラ圏内に入りたかったのでチキってやめたが正直よほどピンポなゴーリ対策をされない限り負ける気がしなかったので少し後悔はしている。来季は今回の結果を踏まえて最終溶かすことを気にせずにどんどん潜っていこうと思う。

それから他の人の記事でもボスラ圏内がどうこうの話がよく書いてあるが今後開催される可能性はあるのだろうか?
運営の人もし読んでたら開催お願いしますよ。


今回は自身2度目の21となった。2回とも2ロムで回して片方はブルドヒ、もう片方は別の構築を使った。2回とも2ロム2000を乗せてブルドヒを溶かしてもう片方を21に乗せている。

今回改めてブルドヒが弱いと思った。そして気づいた。これはプレイングとかの問題ではなく構築自体が弱い。正直自分はこんなにポケモンを考察して努力してきたのに勝ち上がれないのだろうと疑問に思っていたが、ブルドヒに拘っていることが間違いだったと思った。ブルドヒは勝率が低く勝ち上がるのに時間もかかる。ミミッキュとかスペックの高いポケモンをぶちこんで戦えば勝てると気づいた。電気玉ルカリオとかいう意味わからんポケモンがいてもゴーリのスペックがあれば実質5体で21に行けたりもするわけだ。

内心好きなポケモン入れて無理やりレートして勝ち上がれない人に厨ポケ使えばいいのにと思っていたが自分もブルドヒを無理やり使っていたのかも知れない。

後悔しているのはもし両ロムゴーリで潜って2ロム21行ければチキンレースをして更にレートを伸ばせたかも知れないということである。

来季はそこら辺も考えて上位目指して頑張って行こうと思う。

最終日に撤退すると決めたときはとても気が楽だった。毎シーズン上位に食い込んでる人はこういう最終日の駆け引きがあるのが面白そうだなと思った。自分がキャス等でレートを晒しながらやっていた所為で何人かに抜き調整されたは悔しかった。だが、おれを抜かそうとして溶かした人もいるらしいのでそれはドンマイwって感じた。負け惜しみになるが正直上位の1位から20位くらいは実力は拮抗して潜るかどうかメンタルが強いやつが勝つんじゃないかと思った。

今まで最終溶かして泣きながら上位の記事を読み漁っていたが今回は自分がドヤ顔で記事を書けてとても嬉しい。まだまだ上位に遠く及ばない人でも努力すればいつか報われる時がくると信じて頑張ってほしい。自分が思うに突然強くなる時は運とかよりも完成度の高い構築が組めてベストな立ち回りができた時だと思う。上位には毎回似たような並びを使っている人が多い。あと1年以上この環境が続いていくわけだがその中で自分なりの最強構築を見つけ出していこうじゃないか。


以上になります!
ここまで閲覧ありがとうございました!
何かあればツイッターまで
(https://mobile.twitter.com/pythagoras_poke)