ピタゴーラ!

ポケモンについて

【S7 シングル最高1979】ウルトラブルドヒドラン

あけましておめでとうございます!ピタゴラスです!S7使用の構築記事を書きました!読んで頂けると嬉しいです!

 

f:id:PythaPoke:20180101023050p:image

f:id:PythaPoke:20171231234214j:image


【パーティ】


カプ・ブルル@マゴの実
意地 H252 A76 D180
ウドホン、宿り木、光合成、吹き飛ばし

H 16n+1 最大かつ呪い意識
A 回復込みで無振りガブウドホンで確2
D テテフの特化ムンフォ回復込み2耐え
B>D ダウンロード対策

コケコ、レヒレ、ギャラ、ガブ、ランド、ポリZ

吹き飛ばしを採用してみた。これによりテクスチャーZで電気タイプになりサブの冷ビで攻めてくるポリZをゴミにできる。ドヒドの毒菱と合わせてオニゴーリ対策を兼ねる。アゴ対面はどうせ悪巧みなので強気にうったりもしてみた。バトンパを崩したり、滅びのナンスからも逃げられる。あると意外と便利なのでオススメ。ほんまに使ったらわかるから(語彙力)。
教え技で待ちに待った光合成を習得したのでウキウキで採用してみた。コケコのボルチェンで削られたり毒撒かれた時とかに生きた。あと、ガッサへの受けだしが安定する。火傷したヘビボン放射宿り木守るのようなカグヤに繰り出し宿り木を入れて光合成で粘る動きもしたりした。
守るを切った理由は飛行Zランドギャラが減少したのとムドーで見れるから。光合成で回復できるのでちまちま回復する必要薄いと感じた。
岩技の岩封やエッジはあると便利たが交換読みくらいでしか撃つ機会がないので回復を優先した。

ドヒドイデ@イアの実
穏やか H252 B116 D140
熱湯、毒菱、自己再生、黒い霧

HBミミッキュの剣舞シャドクロZ確定耐えかつ
陽気でも意地でもきのみ確定発動
余りD

穏やかのHDベースにしてみた。そもそもドヒドはバシャミミ以外の役割対象は特殊方面が多いのでHDの方が強い。バシャはラティでみれるが流石に使用率1位のミミッキュに弱くするわけにはいかない。そこでこの対ミミ性能を最低限もった特殊が一番硬い調整にした。ステロで簡単に崩れてしまう調整だがミミZが増加したのとフィールド回復があるのでそこまで気にしなくてもいい。実際ステロでズラされたことはなかった。
またここまでDに割くとHBドヒドを確1で倒すイーブイのアシパを丁度耐えて霧でイージーウィンできる。自然に構築にイーブイ対策を仕込める。
毒技に毒菱を入れたがコケコで回される時等かなり便利だった。毒菱信者になった。
新要素の鉄壁は絶対弱いと思う。

イーブイ、ジャラ、ゲコ、ミミ、ルカリオマリルリ

ヒードラン@残飯
穏やか HD252 B4
噴煙、大地、毒毒、ステロ

アーゴヨン対策。めざ地持ちは汎用性に欠けると思ったので構築で切った。固ければいいだろうと思って脳死でHDにしたがアゴの+4流星群Zが中乱数なので控えめHCにして大地1発で処理した方がいいかもしれない。
ブルルのGFもあるので思い切って守るを切ってみた。例えばボルチェンヒトムに繰り出す場合、守るで残飯回復量を増やすよりステロで相手を削った方が処理が早くなる。ブルルの吹き飛ばしやドヒドの毒菱と合わせてスリップダメージを稼ぐのは楽しかった。

このポケモンは不意のめざ地や地震でしょっちゅう死ぬので慎重に扱わなければならないと思った(穏やかだけどw)

・アロベトン@フィラの実
意地 H164 A180 B4 D52 S108
おいうち、リサイクル、毒突き、挑発

HD 特化テテフのムンフォ2耐え
A ステロ込み成功追い討ちでH252メガゲン確定
S 無振りガルド+4

ゲンガー対策。教え技で高速回復できる追い討ち要員として使えるようになった。こいつを含めパーティに混乱実が3体もいる。とにかく汎用性が低いので特殊ガルドとテテフに勝てるようにした。カグヤに挑発できたりするのも美味しかった。ゲッコウガも若干有利。

マジで選出機会が少なかったのでゲンガーに多少薄くなるがグライオンでもいい気がする。

ゲンガー、ガルド、テテフ、ゲコ

 

エアームド@ゴツメ
腕白 HB252 S4
羽休め、挑発、ドリ口、鉄壁

グライオンへの圧倒的な殺意から採用。マンダ意識のテンプレ物理受けにした。コケコのEF下での雷パンでムドーを処理しようとするグロスをブルルでフィールドを消しつつ受けきる。ただステロ撒かれるとグロスが受からなくなる。その為グロス入りは初手ドヒドから入り1発熱湯を打って火傷チャンスを作る。ドヒドはグロスの特化思念をギリ耐える。
マンダもこいつで見るが特殊マンダに弱いのでドランをできれば出したい。


グライ、グロス、マンダ、ガル、
ガモスの削り

       

ラティアス@火炎玉
臆病 HS252
羽休め、瞑想、ショック、サイコシフト

ボルトジュモクバシャ対策に採用。鋼に何もできないのが弱すぎると感じた為、火炎玉を持たせることにした。サイコシフトで呼ぶ鋼やバンギを火傷にしたり、自分が火傷になることで相手の毒や眠りに強くするというメリットがある。特にビビヨンやポイヒガッサに出していけるのは強い。また毒をもったドランの対策にもなる。ツルギを火傷にしてムドーやドヒドで受けるルートもとった。馬車輝夜等に刺さった。
ただ、メガもできず毎ターンダメージを受けるのでボルトバシャジュモク対策が不安になってしまった。特にジュモクは対面ですら勝てなくなった。この型は受けでない構築の方が活躍できるような気がする。

後述するがメガに切り替えて使ったりもした。最高レートは火炎玉だったのでここではその説明をする。因みにメガの型は穏やかメガラティで検索するとすぐ出てくる。

ドラン、ツルギ、ボルト、ビビヨン、カバ、ガッサ

対受けル
ラッキー、ゲンガー→ベトン
バンギ、グライ→ムドー
ドヒド、ムドー→ドラン


【USMでの環境の変化による既存のポケモンの役割の変化】
アーゴヨンの登場
→ドラン、バンギの需要の増加

ミミッキュが専用Z技を手に入れ霊Z持ちが減少
→ステロ+霊Zで崩れてしまう型である程度戦える

ジャラランガが専用Zを習得
→ドヒドの特殊耐久が更に求められる

ルカリオがコメパンを習得し特殊型、地震持ちが減少
→ドヒドでルカリオをみれる

アーゴヨンがスカーフテテフに倒された時に起点にできたり、アーゴヨンのストッパーとして増えたミミッキュの皮を貫通できるメガギャラが増え飛行Zが減少
→ブルルでギャラをみれる


【重いポケモン
めざ地アゴ
デンジュモク
型破りドリュ
両刀マンダ
剣舞ガルド
多分フェローチェ
多分ニドキング

【構築経緯】
受け構築において不利対面で交換読み一撃必殺を撃たれると3割で負けである。特にグライオンはその回復力から受けポケモンに対してギロチンの試行回数をとても多く稼ぐ事ができる。そうやって前期の私は数々の受けを崩してきた。だが、その戦いは運に大きく依存し特にグライミラーなんかではただの糞ゲーになる。そこでグライオンを安定して受けられる汎用性の高そうなポケモン使おうと思いエアームドメガヤミラミという考えに至った。初めはメガヤミラミを入れたパーティを使っていたがヤミラミの数値の低さにゴリ押されてあまりにも勝てなかったのでエアームド入りの構築を考えることにした。
次にアーゴヨン対策、ゲンガー対策、テテフ対策を全員が回復手段を持つという条件で考えたたころ、アゴ対策は残飯ドラン、ラッキー、ハピナス。ゲンガー対策は残飯バンギとアロベトンが追い討ち要員として挙げられる。テテフ受けは鋼が安定するが自力で回復できる鋼はハッサムとムドーのみでめざ炎と数値を考えると安定はしない。となると残飯持ち鋼になる。よってテテフ受け兼アゴ受けを残飯ドランにし追い討ち要員をアロベトンにした。
そしてデンジュモクにeasy winされるのがクソすぎた為、対策となるポケモンを考えヌケニンラティアスが候補になり、ボルトバシャといった受けづらいポケモンに軒並み有利なラティアスの採用を決定。
ムドーの型は汎用性を考えマンダ意識のHBゴツメ挑発鉄壁羽休めドリ口で確定とした。ここでムドーの役割対象は物理全般となるが受けルの突破手段で有名なコケコよEF下でのグロスの雷パンでムドーを倒すというコケコグロスに強くなるようフィールドを掻消せるブルルの採用を決めた。
残り1枠はミミッキュを安定して処理できるドヒド、バレル、輝石ゴルバ、ヌオーからブルルとのシナジーイーブイ、ゲコ対策を考えドヒドの採用を決定した。

雑談
火炎玉ラティを思いついた時は非常に補完に優れ我ながらすごいと思った。パーティの対応範囲が広く選出択になることも少なかった為レートもサクサク上がっていき瞬間1979まで行った。そこから20目指して頑張ろうと思ったら切っていためざ地アゴデンジュモクにありえないほどマッチしてズルズルとレートが溶けていき1700くらいまで溶かしてしまった。そこから勝てなくなったので解散した。メガもZもなしでよく頑張ったと思う。

12月30日にからきおす杯という5人1チームの大会に参加した。お互いのチームの5人がそれぞれ1回ずつ計5回戦い、チーム全体で3勝以上したらそのチームの勝ちというものだった。これでトーナメントを行う。この大会では1979までレートを伸ばした時にこの構築を使おうと決めていたので溶かしたが使うことにした。だが、デンジュモクがウザすぎた為に穏やかメガラティアスに型を変更して臨んだ。数の少ないポイヒガッサやビビヨンへの強さではなくボルトジュモクバシャといった本来の役割を担える方がいいのは当然である。
チームとしては100チーム中3位と非常にいい結果を残せてとても嬉しかった。自分は個人成績3-3と微妙なところだったが、ラティがささりデンジュモク入りに勝利することができたのは非常に大きかった。
結果的に順位に影響がなかったが3位決定戦でめざ地アゴに3タテされるという情けない負けをしたのでもうドランにアゴ対策を一任するのはやめようと思った。
今後作る構築はめざ地アゴとジュモクをしっかりしたものを作りたい。
今回の構築は全員が回復ソースを持つ受けサイクルということで自分ではよくできた構築だと思っている。2000達成できなかったのは非常に悔しかった。

全然勝てないのとリアルが忙しいので今期は多分撤退します。お疲れ様でした!

ここまで読んで下さりありがとうございました!

 

何かあれがツイッターまで

https://mobile.twitter.com/pythagoras_poke

 

 

 

 

P.S

ラティアスの説明のところのメガのgif画像はメガラティオスでしたーw

気づいた人いたら教えて下さいw