運で勝って楽しいか?

ポケモンについて

自己紹介


初めまして!ピタゴラスです!
閲覧ありがとうございます!
ここでは自己紹介とこのブログについて紹介をしようと思います。


僕は普段シングルレーティングバトルを中心にポケモンをしています。よく使う並びはブルルドヒドイデで受けサイクルや受けループと呼ばれる戦術です。今はこれ以外の戦術も使えるように練習をしています。シングル以外のルールについてはGSダブルルールがレートでできるようになったら挑戦してみたいと思っています。


ブログの内容についてはレートで使用した構築やインターネット大会で使用構築の紹介やオフ会のレポート、その他単体考察等があります。意見や感想を貰えたら嬉しいです!
不定期でツイキャスでレート対戦の放送をしているのでよければフォローして見に来て下さい!
(https://mobile.twitter.com )

ピタゴーラ!という挨拶を考えたのでよかったら使ってみて下さい

《主な実績》

【レーティングバトル】
6世代
シングル最高1953

7世代
シングル最高
S3 2034
S4 1953
S5 2000
S6 2024
S7 2059
S8 2068
S9 2111
S10 2000
S11 2130

【インターネット大会】
・バトルオブシンオウ 最終36位

【仲間大会】
・だい3回グラカップ
3位 (900人規模)

・だい4回グラカップ
9位 (800人規模)

・バロラーのつどい
3位(7000人規模)

【オフ会】
・第18回カントーポケモンオフ
ベスト12(100人規模)

・第5回MASTERSオフ
準優勝(60人規模)

【非公式大会】
・第3回からきおす杯 チーム戦で3位

以上になります!

【単体考察】BS鉄壁コケコ

ピタゴーラ!ピタゴラスです!

前回のゴツメゲッコウガに引き続き汎用性の高いポケモンについて考えたのでその記事になります。ゲコミミガッサに襷メガZを使わずに対面でほぼ勝てるのが強みです。




f:id:PythaPoke:20181013085426g:plain
【型】

持ち物:半回復きのみ

技構成:10万、めざ氷、草結び、鉄壁

育て方:臆病 28-0-236-44-4-196

調整意図:
HB 特化ミミZ耐え
C H164振りミミを10万で92%の乱2
S 最速ゲッコウガ抜き

【役割対象】

ミミッキュ
10万から入る。次に相手のムーブに合わせた処理ルートを紹介する。簡単にいうと相手が剣舞してきたら鉄壁で相殺を狙う。また、明らかにZを切るタイミングで鉄壁をしてダメージ軽減を狙う。
初手で鉄壁から入ると相手が剣舞からきた場合剣舞と鉄壁の積み合いになってフィールドが枯れてしまう。すると10万で確2が取れずA+6のミミッキュが生存してしまう。

リフレクターではないのは裏に繋ぐ気がないのと壁が切れると弱いから。

・ミミZ
耐えてきのみを食べる。次のターンは鉄壁でじゃれを受ける。その次のターンは10万でもう一回じゃれを耐える。相手が特化なら次の影打ちで落ちるがテンプレABミミ(意地A140振り)なら次の影打ちまで確定で耐えるので押し勝てる。

・霊Z
火力低くてきのみ食わない。次は鉄壁でじゃれを耐える。その次は10万してじゃれを受ける。次のターン影打ちまで耐えて10万で確定。

・じゃれつく
半分入らないので次はZが来るから鉄壁で受ける。

剣舞
次のターン鉄壁。じゃれかZをくらう。その後は上と同じムーブをする。剣舞してきたら襷なのでシャドクロで急所を引かないことを祈りながら倒す。


ダメ計
コケコのHP実数値149
37以下できのみを食う

ダメージ量
特化ミミZ 124〜147
特化霊Z 93〜109
特化じゃれ 58〜70
特化影打ち 27〜33
ABミミZ 111〜132
ABじゃれ 54〜64
AB影打ち 25〜30

ABミミッキュはH164 A140 B196 DS4を想定。

このコケコは刺さってる構築に対して初手で出すことが多かったが初手でミミッキュ出されなくて萎えた。


キノガッサ
めざ氷で確定2発。
タネガン5発+マッパでもきのみ食って耐える。
岩封タネガンは陽気でなければ抜かれない上にタネガン5発当たらなければ負けない。
もちろんEFで眠ることもない。


カバルドン
草結び連打。
共有パのカバルドン腕白 H228 BD140振りに対して草結びが14/16の乱2。
無振り地震は確定で耐える。


ゲッコウガ
激流襷を警戒して草結びから入り激流圏外にして10万で倒す。特化激流波乗りは落ちる可能性がある。
結びがゲコに42%〜53%
スカーフダスト陽気252でも確1なのは注意。


その他
マンダにめざ氷撃てるからまあまあ共有パに強い。

【欠点】
相手のコケコが重い。

【感想とか】
前回のゲコの記事がそこそこ見てもらえたので嬉しかったです。正直あのゲコは弱いと思います。このコケコの方がまだ汎用性があって実用的だと思います。

練習中なので対面構築での最高レートは1700くらしいかなくゴツメゲコやこのコケコもその程度までしか使っていません。でもこういう型は対面構築で実績のある人が記事を上げたらすぐみんな使ってしまうので、敢えて実績のない僕が記事を上げることで、あまり知られなくて使いやすいのかなと思います。ポケモンの新しい可能性について知識になったら嬉しいです。

また単体考察というのはそのポケモンについてよくわかるだけでレートの上昇に直結することは少ないと思います。ポケモンというのは並びの相性がとても重要なのでハマる構築をつけなければ意味はないのです。なので是非ともこのコケコを活躍できる構築を見つけて皆さん使ってみて下さい。

あと襷メガZ使わずにゲコミミガッサに対面から勝てるポケモンがいたりしたら教えて欲しいです。

以上になります。ここまで閲覧ありがとうございました!

なにかあればツイッターまで。
(https://mobile.twitter.com/pythagoras_poke)

【単体考察】BSゴツメゲッコウガ

ピタゴーラ!ピタゴラスです!
最近対面構築を勉強中です。そこで考えた一風変わったポケモンを紹介します。


以下常体

対面構築を考えた時にメガ枠Z枠崩し枠@3の構築が基本になると思った。@3の中にメガもZも入らなければ選出の幅が広がると思い汎用性の高い襷枠スカーフ枠を確定にした。ラスト1枠は襷スカーフメガZなしで汎用性の高いポケモンを入れたいと思い考えた。

それがBSゲコである。
BSゴツメゲコ自体は6世代にいたがあれはガルーラを対面から削りきる役割が大きかった。今回はめざ炎でミミッキュの皮を剥いで行動することを出発点としカスタマイズした。

f:id:PythaPoke:20181011183143g:plain
【型】

特性:変幻自在

持ち物:ゴツゴツメット

技構成:めざ炎、手裏剣、悪波、冷ビ

育て方:臆病 B188 C68 S252

調整意図:
ガッサのマッパ確定耐え
アゴを冷ビで14/16の乱1



【役割対象】

・対マンダ、アゴ
アゴは乱数だが基本冷ビで一撃。


・対キノガッサ
めざ炎から入る
1.マッパ
確定耐えなのでゴツメ+めざ炎で確定。


2.タネガン
襷激流ケアのムーブ。半減で耐えて次は手裏剣。3発以上で確定だが運悪く耐えられてもどうせマッパなので耐えて次の手裏剣で確定。


3.岩封
抜群でも確定で耐える。次はマッパで相打ち。一番されたくない手だが剣舞ばっかでやってくる人はすくない。


4.キノコの胞子
めざ炎+ゴツメダメでの処理を狙う。相手は炎タイプなのでタネガンは打てない。岩封だとしても次はマッパなので相打ち。



・対ミミッキュ
めざ炎から入る。激流ゲコの存在からじゃれかミミZがくるので半減で受けてゴツメ蓄積。シャドクロ読みで悪波撃ってゴツメを蓄積させて倒す。
実際は環境はミミZばっかなので炎タイプに平気でミミZ撃ってくる人がいて悪タイプになってたらボコられた。処理は微妙なところ。ただし確実に皮+αで削れるので裏圏内に入れられる。
因みに等倍シャドクロZは確定で耐える。



・対メタグロス
これもめざ炎から入る。
地震以外耐えるので次悪波撃って突破。
等倍アムハン+半減バレットは耐える。
めざ炎+悪波+ゴツメ1回でH252グロス確定。
バレパン読みで繰り出すのもあり。

・その他
ガルーラめちゃ削れる。クチートもいい感じに勝てそう。

【欠点】
コケコとゲッコウガに弱い。使ってた時はスカーフ枠をドリュにしてコケコのケアが効くようにした。ゲッコウガミラーは気合で怯ませる。


以上になります!よかったら使ってみて下さい!ここまで閲覧ありがとうございました!

何かあればツイッターまで(https://mobile.twitter.com/pythagoras_poke)

【TOP200禁止杯 15位】レパード豚


ピタゴーラ!ピタゴラスです!
先日200禁止杯というS10のシングル上位200匹禁止の仲間大会に参加しました!
その構築記事になります。

【大会リンク】
( https://3ds-sp.pokemon-gl.com/friendlycompetitions/usum/internet/FI-R5530-Y990/ )

【使用可能ポケモンリスト】
(https://docs.google.com/spreadsheets/d/1p9LE27Wx3n6_EMzKmW7X0rgti12jku_whdAV6Ub9zSg/htmlview)




【戦績】



メインロム TN ピタ:ゴラス
10勝2敗 1604pt 15位
(全て猫の手選出)

サブロム TN Uピタゴラス
8勝6敗 1525pt 88位

【構築経緯】
こういう制限ルールではどうやって崩せない受け回しを考えるかというのをよくやりますが使用ポケモン見ていたらハメ戦法を見つけたのでそっちを使うことにしました。

この構築では猫の手胞子コンボを使いました。猫の手とは自分の選出した控えの手持ちポケモンの中からランダムに技を一つ出すという効果です。守るや気合パンチ等猫の手で出ない技もあります。このパーティはマシェードエンブオーを裏に置くことによってレパルダスが確定で猫の手からキノコの胞子を撃つことができます。相手が眠っている間に悪巧みを積んでレパルダスで抜いて行く構築です。

このコンボは5世代からありましたが最近ではトップメタのポケモンに無力であるためレート環境に存在していなません。コケコレヒレのフィールド、ガッサに胞子無効、悪タイプに悪戯心の胞子無効といった感じです。

しかしこのルールはそんな上位のポケモンがみんな禁止なのでなかなか動きやすいのではないかと思ってこのコンボを使ってみました。草、悪タイプに止められてしまいますが他3体で選出で圧力をかけ、出てきても裏2体でケアが効くと考えました。

【パーティ】

f:id:PythaPoke:20181008113432g:plain

レパルダス@残飯
悪戯心 控えめ H172 B84 C252
悪の波動、ワロタくみ、ねこのて、身代わり

H 16n+1で最大
C特化
余りB

火力重視してC特化。悪戯心で先制できるので余りは耐久に振った。タブンネのハイボを2回耐えて上手く倒せたりしたのでよかったと思う(その試合は負けたが)

主軸。猫の手要員はニャオニクスアローラペルシアンがいたがニャオニクスの猫の手胞子が無効になるのでレパルダスを選択した。ペルシアンの存在をそもそも忘れていたし悪戯心ではなくアブソルに抜かれるので採用を見送った。

5世代のレパガッサはイカサマ、威張るの構成が多かったが交代してAアップを解除し回復してくるタブンネの処理に時間がかかると思い悪巧み悪波にした。(イバサマを育成してからまた産み直した)

もし昔のノリで採用したイバサマレパルダスに当たった場合はこちらが勝てると考えた。

草タイプと悪タイプを倒せないので取り巻きはそれらを見れるようにした。




f:id:PythaPoke:20181008113507g:plain
マシェード@ゴツメ
胞子 図太い HB252 D4
守る、キノコのほうし
HB特化

キノコの胞子枠。胞子を撒けるポケモンは他にパラセクトがいる。パラセクトは襷カウンターコンボが使えるがそもそも無理なポケモンに繰り出すので襷がなくなるので微妙だと思った。悪半減のマシェードにすることでアブソルに強くなる。アブソルに対して繰り出しゴツメを蓄積させる。また、特性の胞子で3割で毒、麻痺、眠りを狙う。毒なら守るとレパルダスの身代わり連打で削りきる。眠りならエンブオー出して気合パンチ。麻痺ならエンブオーで上からzの処理ルートが取れる。




f:id:PythaPoke:20181008113527g:plain
エンブオー@格闘z
すてみ 意地H252 A204 S52
吠える、守る、気合パンチ

Hぶっぱ
S52で麻痺したアブソル抜き
余りA

別にHBとかでもよかったが気分で余りはAに振った。

気合パンチ要員。7世代はzストーンを持たせることによって猫の手コンボの裏のポケモンが一度だけなら高火力を出せるようになった。悪戯心の無効になる悪タイプに対して後出しから負荷をかけていく。

以上で基本選出の3体が決まったので残りは悪草を牽制できてかつ再戦時に勝てるよう汎用性の高いポケモンで固めた。裏の3匹の圧力によってレパルダス対策の草枠を裏に置かれることがあった。そこで身代わりから展開して草枠を削るといったことができた。



f:id:PythaPoke:20181008113950g:plain(←ちっさw)
・霊獣トルネロス@飛行z
無邪気AS
とんぼ、空を飛ぶ、エアスラ、馬鹿力

このルールで汎用性がある中で一番速い。
草タイプの牽制。



f:id:PythaPoke:20181008113618g:plain
タブンネ@多分寝ないと
控えめ H252 B164 C92
願い事、守る、毒毒、マジシャ

Hぶっぱ
C マジシャでアブソル確1
B 余り

アブソル牽制。メガ枠。そもそもこのルールはアブソルとタブンネしかメガ使えない。




f:id:PythaPoke:20181008113637g:plain
コジョンド@気合の襷
陽気AS252 D4
猫騙し、蜻蛉、雪崩、飛び膝蹴り

アブソル牽制枠。



【実際の環境】
アブソルに全然当たらなかった。
寝言タブンネが多かった。



【感想】
メインロムで始めて7連勝したがそこから2連敗して更に3連勝して16載せてチキってやめた。対策されたら一瞬で負けに繋がる上にここまでの勝ちが結構運がよかったので勝ち上がるのを躊躇ってしまった。

またこのルールは試運転もなしでぶっつけ本番だったので16まで上げたのに運用に不安が残る裏選出をしなければならなくなったら嫌だと思った。しかし裏選出のポケモンを折角育成したのでサブロムで使おうと思った。1600で10位圏内入ったらいいなと思っていたが15位で少し悔しかった。

サブロムでは裏選出大目に出したが使いなれなくて全然勝てなかった。

仲間大会の使用上参加を解除しないとパーティの輸送ができないのでメインロムを辞めたらもう潜れないのは難しいなと思った。



大会自体は結構勝てて楽しかったです!
運営の方々、参加した方々、育成手伝ってくれた方々、キャス見てくれた方々ありがとうございました!



【動画】
折角育成したので多くの人に見てもらいたいと思いキャス録画を公開しました。よかったら見てください。メインロムの開始から終わりまであります。
(https://twitcasting.tv/pythagoras_poke/movie/498411666)

以上です。ここまで閲覧ありがとうございました!

【S11 シングル最高最終2130 最終19位】サブロム使用構築「ピタゴーリ!」

ピタゴーラ!ピタゴラスです!
S11お疲れ様でした!今期は自己最高レートを更新することができました。目標の30位以内に入れてとても満足しています。今回は今期使用した構築を紹介します!
長文、ナルシスト注意。

今までブルドヒとかランドバシャカグヤとか色々構築記事書いてきましたが長所ばっか書いていただけで正直欠陥だらけでした。しかし、この構築は極端に重いポケモンがいない非常に強い構築だと自負しています。




【戦績】

TN Uピタゴラス
172勝107敗
最高最終レート2130pt
最終順位 19位





今期もほぼ全ての試合をツイキャスで放送しました。21帯では同時閲覧187人と合計閲覧1867で今までで一番多くの人が来てくれて嬉しかったです!これからも頻繁に放送していくと思うのでよければサポートお願いします!
(twitcasting.tv/pythagoras_poke)





【コンセプト】
オニゴーリを通す。ゴーリできついポケモンは他のポケモンで受ける。
・ゴーリで選出を抑制し対面性能の高いポケモンで殴り勝つ。
(選出は2パターンあっても9割はゴーリなんですけどね)




【パーティ】

f:id:PythaPoke:20180905005013g:plain


オニゴーリ

NN:ピタゴーリ!

持ち物:食べ残し

技構成:フリドラ、零度、身代わり、円堂守

育て方:臆病 H172 B36 C4 D44 S252

実数値:177-76-105-101-106-145

調整意図:
H16n+1
HB A4カバの地震をB2⤴︎で身代わりが確定耐え
C 端数
B<D ダウンロード対策
S 最速

最強パンダポケモン。このゲームの真理。
人が環境を意識して必死で考えたそのパーティ、技構成、努力値調整。そんなもののほぼ全てまもみがするゴーリには関係ない。


受け先がいるので基本初手で出す。舐めたパーティは1/7でS上げて勝ちなんてこともしばしば。

オニゴーリを祈ることとキレることでしか対策してない人が多くてめちゃ勝てた。

クレセバレルゴーリで共有パへ、クレセゴーリでゴーリミラーへの比較的安定した回答になる。これによりレートで最も多い構築と運だけクソ野郎に強くなり勝ち上がることができた。

月光乱舞でくるくる回るの可愛い。




f:id:PythaPoke:20180905005033g:plain
クレセリア

持ち物:ゴツゴツメット

技構成:凍える風、電磁波、月の光、月光乱舞

育て方:図太い HB252 D4

実数値:227-81-189-95-151-105(A妥協)

調整意図:リザXの剣舞逆鱗耐え

マンダ、グロス受け。ヌケニンフリージオ、ゴーリミラーを月光乱舞でppを回復して潰す。
(癒しの願いはppを回復できない)
凍風、電磁波のSサポートと三日月の舞からのゴーリの降臨と非常に相性が良い。リザXも後出しから麻痺を入れてゴーリに繋げられる。リザYの場合は受からないのでリザ入りは極力初手にだして電磁波を入れる。晴れにより月の光の回復量が増えるので回復しながら削りを入れられる。

単純にゴーリよりSの低いポケモンに対してみがまも連打で引きが悪かった時に復活させることで2回目のまもみがをする事ができよほど運が悪くない限り起点にできる。

蘇生する余裕があるので毒を持っているかもしれないポリ2にゴーリをぶん投げることができる。




f:id:PythaPoke:20180905005055g:plain
モロバレル

持ち物:イアの実

特性:再生力

技構成:ギガドレ、クリスモ、イカサマ、胞子

育て方:図太い H252 B236 D20

実数値:221-81-132-105-103-50

調整意図:
ミミの剣舞霊Z耐えで木の実発動
ボルトロスの悪巧み特化めざ氷最高乱数切り耐え

ガッサ、ミミッキュ、コケコ受け。毒菱回収要員。胞子からゴーリの無償降臨が可能。
呪い痛み分けミミッキュはこいつとクレセをくるくるしてるだけでppが枯れる。
実際はppが切れる前に引くか呪い退場してくるのでよくわからん。

f:id:PythaPoke:20180905010541g:plain

ゲッコウガ

NN:カズアキ

持ち物:気合の襷

特性: 激流

技構成:波乗り、悪の波動、水手裏剣、冷ビ

育て方:控えめ B4 CS252

実数値:147-103-88-170-91-174

調整意図:火力重視のCS

ガモスを後出しから処理する。ゲンガーがいる時は初手から出すと裏に負担をかけられる。
何だかんだだるいカバの牽制にもなる。
言われるがままに控えめにしたが相手が最速を切ったムーブをするわけがないのでSを削った弊害はなかった。低いゲコの火力を少しでも底上げした方がいいと思った。

NNの由来は対戦相手のTNから。

この個体はフォロワーのきゐさん(https://mobile.twitter.com/kiwi_poke)から頂きました。ありがとうございます!




f:id:PythaPoke:20180905005126g:plain
ミミッキュ

持ち物:ミミッキュZ

技構成:じゃれつく、影打ち、電磁波、剣舞

育て方:意地 H164 A140 B196 D4 S4

実数値:151-140-125-×-126-117

調整意図:
メガバシャのフレドラ確定耐え
ダウンロード対策

ジャラ、アゴ対策。ガッサの処理はマンダバレルでするのでSは振らず繰り出し性能を高めたABミミを採用した。こんだけミミッキュが多いのはジャラアゴのストッパーに容易になれるからだと思う。
ミミッキュは範囲意識の霊Zか威力意識のミミZみたいなところがあるが鋼はゴーリの起点なので威力重視のミミZを自然に採用できるのが理にかなってて好き。

プレシャス入りで呪いないのがバレる()





f:id:PythaPoke:20180905005143g:plain
ボーマンダ

持ち物:ボーマンダナイト

技構成:ハイボ、放射、身代わり、羽休め

育て方:臆病 H4 CS252

実数値:171-148-150-172-110-189 (A妥協)

調整意図:
H 奇数
C H252剣ガルド放射で確1
S カミツルギ意識で最速

ツルギ、ハッサムルカリオ対策。特殊なのはツルギを確1にする為。一応身代わり虫Zガモスに後出しして身代わりを貫通して倒せる。
ツルギいないと出さないので選出率は最下位。


QRパーティ】
(https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4F36-831D)


【選出】
・クレセゴーリ@1

基本的にゴーリとクレセはセットで出す。
@1は相手のゴーリ対策に強いポケモンを出す、

・カズミミマンダ
相手のゴーリ対策が複数見えてゴーリが選出し辛い時にだす。ゴーリピンポ気味の汎用性の低いポケモンをボコす。

・その他柔軟に選出する

【構築経緯】
強い受けサイクルを作りたい。
レートで勝ち上がるには環境に多い共有パと呼ばれる並びに対してある程度有利にする必要がある。
しかし、共有パに選出択なしで勝てる受けサイクルを考えところ不可能だと思った。
そこで共有パはゴーリに弱いという話を聞いたので受け+ゴーリで構築を考えることにした。
ゴーリの取り巻きでゴーリメタへの対策をすることにした。

まずフリージオヌケニン、ゴーリミラー等pp勝負になる相手への対策として唯一ポケモンのppを体力ごと回復できるクレセをを採用した。バレパングロスへの引き先ともなる。

次に呪いミミやタネガンガッサの対策となるモロバレルを採用。麻痺無効で初手に来やすいコケコやボルトも後出しから倒すかゴーリの起点にできるのも優秀だった。

そして、スマホや聖剣で殴り続けてくるカミツルギへの完全な回答としてメガマンダを採用した。また、放射によりバレパンハッサムの処理ができる。ここでメガ枠も消費。

次に皮を盾に麻痺を撒けてゴーリとシナジーがありジャラアゴのストッパーともなるミミッキュを採用した。

ラスト1枠はシャンデラ、ゲンガー、ガモス対策の追い討ちバンギにしていたが構築相談をしたところ襷ゲッコウガの方がいいとのアドバイスをもらった。実際に変えてみたところ汎用性が高くとても強かった。

以上で6体の並びが完成した。

構築相談に乗ってくれたほしりんさん、ルカさんありがとうございます!



【感想】
最初にも書いたが最高レートを更新できてとても嬉しかった。今まで最終は溶かしたことしかなく最終最高レートは2048だったので今回2130で大幅に更新して終えたのは良かったと思う。ボスラ圏内に入りたかったのでチキってやめたが正直よほどピンポなゴーリ対策をされない限り負ける気がしなかったので少し後悔はしている。来季は今回の結果を踏まえて最終溶かすことを気にせずにどんどん潜っていこうと思う。

それから他の人の記事でもボスラ圏内がどうこうの話がよく書いてあるが今後開催される可能性はあるのだろうか?
運営の人もし読んでたら開催お願いしますよ。


今回は自身2度目の21となった。2回とも2ロムで回して片方はブルドヒ、もう片方は別の構築を使った。2回とも2ロム2000を乗せてブルドヒを溶かしてもう片方を21に乗せている。

今回改めてブルドヒが弱いと思った。そして気づいた。これはプレイングとかの問題ではなく構築自体が弱い。正直自分はこんなにポケモンを考察して努力してきたのに勝ち上がれないのだろうと疑問に思っていたが、ブルドヒに拘っていることが間違いだったと思った。ブルドヒは勝率が低く勝ち上がるのに時間もかかる。ミミッキュとかスペックの高いポケモンをぶちこんで戦えば勝てると気づいた。電気玉ルカリオとかいう意味わからんポケモンがいてもゴーリのスペックがあれば実質5体で21に行けたりもするわけだ。

内心好きなポケモン入れて無理やりレートして勝ち上がれない人に厨ポケ使えばいいのにと思っていたが自分もブルドヒを無理やり使っていたのかも知れない。

後悔しているのはもし両ロムゴーリで潜って2ロム21行ければチキンレースをして更にレートを伸ばせたかも知れないということである。

来季はそこら辺も考えて上位目指して頑張って行こうと思う。

最終日に撤退すると決めたときはとても気が楽だった。毎シーズン上位に食い込んでる人はこういう最終日の駆け引きがあるのが面白そうだなと思った。自分がキャス等でレートを晒しながらやっていた所為で何人かに抜き調整されたは悔しかった。だが、おれを抜かそうとして溶かした人もいるらしいのでそれはドンマイwって感じた。負け惜しみになるが正直上位の1位から20位くらいは実力は拮抗して潜るかどうかメンタルが強いやつが勝つんじゃないかと思った。

今まで最終溶かして泣きながら上位の記事を読み漁っていたが今回は自分がドヤ顔で記事を書けてとても嬉しい。まだまだ上位に遠く及ばない人でも努力すればいつか報われる時がくると信じて頑張ってほしい。自分が思うに突然強くなる時は運とかよりも完成度の高い構築が組めてベストな立ち回りができた時だと思う。上位には毎回似たような並びを使っている人が多い。あと1年以上この環境が続いていくわけだがその中で自分なりの最強構築を見つけ出していこうじゃないか。


以上になります!
ここまで閲覧ありがとうございました!
何かあればツイッターまで
(https://mobile.twitter.com/pythagoras_poke)

【S11 シングル最高2000】メインロム使用構築「ヤドゲンゴラスパ」

ピタゴーラ!
S11お疲れ様でした今期はメインとサブで別の構築を使いました。そのメインロムの構築の紹介です。
もう片方の記事は後日上げます。


構築名は自分のオリジナルの並びということでゴラスパとしたが毎シーズン微妙に並びを変えているので区別できるようにした。基本的にブルドヒバンギグライ@2なので@2のポケモンで呼び方を変えることにする。今回はヤドランとゲンガーなのでヤドゲンゴラスパと呼ぶことにした。


【戦績】

最高レート2000
最終gm




型は過去に記事に書いたものとほぼ同じなので説明は少なめです。

【パーティ】
f:id:PythaPoke:20180904070434g:plain
カプ・ブルル

持ち物:残飯

技構成:ウッホ、マジシャ、岩封、守る

育て方:慎重 HD252 B4

実数値:177-150-136-94-161-95

調整意図:HD特化 眼鏡テテフ意識
岩封でガッサを抜ける慎重。

安定した打点となるウッホ、ジャラガッサ対策のシャイン、ビビヨンや逆鱗固定したリザにうつ岩封、ギャラのZ透かしの守る。

特殊受け。ガッサはゲンガーで対処しようと考えたのでSは振らずにHD特化。一応剣舞ガッサ対面は岩封から社員で処理できるように生意気ではなく慎重で採用した。
岩封は気休め程度のビビヨン対策。+1暴風を乱数で耐えるのでそれを祈る。
宿り木を切ったがサイクル負けする場面がそこそこあり欲しかったが切れる技がなかった。

f:id:PythaPoke:20180904070457g:plain
ドヒドイデ

持ち物:バンジの実

技構成:熱湯、トーチカ、黒い霧、自己再生

育て方:穏やか H252 B116 D140

実数値:157-74-187-73-198-55

調整意図:
B ミミッキュ剣舞霊Z耐えできのみ発動
D 余りで特殊耐久最大

ミミッキュ、リザX意識のトーチカを採用した。

f:id:PythaPoke:20180904070521g:plain
グライオン

持ち物:毒毒玉

技構成:地震、ギロチン、守る、身代わり

育て方:慎重 HD212 S84

実数値:177-115-145-×-134-126

調整意図:
H 8n+1
D ガルドのZシャドボ最高乱数切り耐え
S 準速ガッサ+4、最速カグヤ+2

メインウエポンの地震、麻痺とのシナジーのあるまもみが、カグヤ処理のギロチン。

剣舞ガルド意識で身代わりにしたが体力管理の為に羽休めが欲しいとも思った。

ワイのグライはギロチン一点読みされるのか知らないが一時期最速毒グライで回してみたらイージーウィンできる場面がちょいちょいあった。

f:id:PythaPoke:20180904070541g:plain
バンギラス

持ち物:突撃チョッキ

技構成:イカサマ、岩封、地震、追い討ち

育て方:慎重 H44 A68 B4 D252 S140

実数値:181-163-131-×-167-99

調整意図:
HD 霊獣ボルトの臆病気合玉Z耐え
A H151アゴ地震+砂ダメ×2で確定
S 岩封で準速ミミッキュ抜き

アゴゲン意識の地震と追い討ち。対面で剣舞してくるミミッキュを処理する岩封イカサマ。
対面で剣舞してくるミミはこの世にいなかったから改善の余地あり。


f:id:PythaPoke:20180904070558g:plain
・ヤドラン

持ち物:ヤドランナイト

特性:再生力→シェルアーマー

技構成:熱湯、冷ビ、電磁波、怠ける

育て方:図太い H244 B164 D100

実数値:
メガ前 201-72-166-120-113-50
メガ後 201-72-243-150-113-50
調整意図:
HD 臆病リザYのソラビ耐え
HB ステロ込みリザXの剣舞逆鱗耐え(目安)

マンダ意識の冷ビ、グロス意識の熱湯、回復ソースの守る、クチートやテテフをグライで処理できるよう電磁波。

リザY出してくるやつが皆無だったのでD振りいらなかった。

ポリ2やクレセでは冷ビ耐えてくるADマンダや鬼丸ヘッドしてくるグロス、それらにステロを絡めたサイクルに無限回負けたのでヤドランを採用した。正直ヤドランでも不安だがマンダグロスへの安定感は増した。現環境の受けサイクルではマンダグロス受けはメガヤドラン意外ありえないと思う。

対面リザXに勝てるようになる鉄壁も欲しいと思った。


f:id:PythaPoke:20180904070618g:plain
・ゲンガー
持ち物:ゲンガナイト

技構成:シャドボ、滅び、道連れ、護る

育て方:臆病 H76 B12 C164 D4 S252

実数値:
メガ前 143-63-82-171-96-178
メガ後 145-63-102-211-116-200

調整意図:調整はメガ後
H 16n+1(GF回復意識)
B 陽気ツルギの辻斬り耐え
C H振りメガゲンシャドボで確1
D 端数
S 最速

ツルギ意識のシャドボ、確実に1匹持っていける守ると道連れと滅びの歌。

ツルギとガッサがうざすぎたのでフリージオを解雇して採用した。

QRパーティ】
(https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4B8D-80F0)


【構築経緯】
使い慣れたブルドヒバンギグライ+物理受け+ボルトゴーリ対策の並びを考えた。これまでに自分の中で約2000達成はクレセゲンガー、クレセフリージオ、ヤドランフリージオだったのでやっていなかったヤドランゲンガーの組み合わせを使ってみることにした。


ヤドゲンのこの構築に関しては今まで敬遠していた部分がある。

まず2メガである点。役割対象に受け出す構築では2メガ選出をせざるを得ない場面があると役割を遂行できない可能性がある。だが使ってみると意外にゲンガーの選出機会が少なくそこまで窮屈だとは感じなかった。きつい時はきついが2メガは強力だと感じた。


次にゴツメ枠がなくなる点。グロパンガル意識でゴツメ枠が必須だと思っていた。ゴツメクレセをいれていたかヤドジオの時はゴツメドヒドを採用していたがドヒドはHDの方が汎用性が高いと思っているのでゴツメ枠なしで使ってみた。グロパンガルはトーチカドヒドで削ったりゲンガーで相打ち、グロパンなしのガルーラはヤドランで受けると割り切ることにした。
実際ガルが環境に少なかったので困ることはなかった。

【感想】
この記事はレート2000に乗った時にウキウキで書いていたがそこから溶かしただけだったのですごく萎えながら今感想を書いている。前々から思っていたがブルドヒは弱い。ブルルが弱い。他にブルドヒ使って上位行ってる人もいるけどまじで弱い。弱い弱い弱い。勝てるやつ意味ワカンねぇ。受けは限界だ。やめたい。
来季はどんな構築使おうかなぁ。


ここまで閲覧ありでした。
何かあればツイッターまで
(https://mobile.twitter.com/pythagoras_poke)

BIG5バレル

なんかメモ漁ってたら6世代のGSの構築が出てきて結構真面目に書いてあり折角なので公開します。
実績はスペレで1800超えたくらいです。
JCSはゴミでした。
7世代GSの参考にでもして下さい。

大会の上位には常にこの並びがあり結論パと言っても過言ではない程の強さである。この並びで強い型を考えたい。けどドーブル雑魚かったからバレル使う。

ボーマンダ@メガ石
威嚇→スカイスキン
急勝 H4 A44 C204 D4 S252
守る/ ハイボ/捨て身/追い風

ファイアロー@ラムの実
疾風の翼 陽気 AS252 B4
ブレバ/追い風/横取り/挑発

グラードン@紅色の珠
控えめ CS252
守る/大地の力/噴火/吠える

ゼルネアス@パワフルハーブ
臆病CS
守る/ジオコン/マジシャ/ムンフォ

ガルーラ@メガ石
肝っ玉→親子愛
意地っ張り H20 A252 B76 D4 S156
不意打ち/グロパン/捨て身/猫騙

モロバレル@メンタルハーブ
胞子 生意気 H252 B124 C4 D124
草結び/キノコの胞子/怒りの粉/守る

・この6匹を選んだ経緯
はじめはBIG6だった。この並びは本当によく考えてあり強いと思うがドーブルは雑魚。ドーブルは見せポケに採用していたので初手から神秘持ちのニャオ、エルフが来て初手のパーティのパワーを削げた。しかし神秘持ちは威張るを持っている場合が多く威張り散らされて負けた試合も多々あったのでドーブルを切った。トリパが重くなるのでモロバレルを採用する。
パーティコンセプトとなる追い風枠。ファイアローは型が豊富な為クロバットより明らかに相手への負担が大きいと思う。
メガ枠はマンダとガルーラ。威嚇持ちでガルアローグラに強いのは素晴らしい。基本はマンダをメガ枠として出すがディアルガ、負けん気持ちがいた時には選出しずらいのでもう1体ガルーラを採用する。
禁伝はグラゼルネ。最強と言われる並びで噴火とジオコンからの攻撃で攻めていく。オーガは組ませるならレックとになりメガ枠を消費してしまいパーティパワーが落ちるので為採用はしなかった。

・型に関して
ファイアローの横取りで追い風を奪い同速ゲーを避ける。相手が追い風をしていればアドになり、仮にしていなくてもお互いに追い風のない状態なのでそこまで不利になることはない。対BIG6にとりあえず追い風をするという記事を見たので横取りを採用したがよく決まる。BIG6との対決は初手アローマンダ、裏グラゼルネでいく。アローは追い風をパクった次のターンは追い風読み横取り連打か他の技をする択になるが、相手が多少削れていればブレバで倒せる。クロバットの追い風をパクれた場合は次ターンに挑発をして機能停止させる。猫騙しされても横取りで追い風をとれるらしい。相手に追い風持ちがいなければ横取りはせずこちらで自力で追い風展開する。よって、ブレバ、挑発、追い風、横取りにした。エルフにアンコされない為とミラー意識で最速をとる。よって陽気でS252振り。より負担を与える為A252振りで珠を持たせる。端数は威嚇込みA252メガガルの捨て身の乱数が19%から6%に落ちる為B4振り。

ボーマンダはメインのメガ枠でグラガルアローに強い。ダブルの両方威嚇はチート。技は縛り解除の守る、グラに対する打点でハイボ、ゼルネに負担をかけられる捨て身、残りはアローの追い風ができない時の追い風とする。始め追い風の枠は流星群であり、レックマンダを一撃で倒せグラへの瞬間火力を持てた。しかし、レックは逃げる、追い風があればマンダも逃げる、グラには捨て身でいい。また、マンダと初手同速ゲーは避ける立ち回りをしたいと思った。よって流星群を切り、追い風の採用に至る。流星群は採用しないがマンダミラーで削りが必要なので最速をとる。相手の流星はゼルネの起点にできる。マンダの流星は弱い!両刀なので急勝か無邪気にするが急勝を選択した。理由は威嚇である程度物理耐久を確保できておりD下降によるゼルネのマジシャで落ちる可能性を排除する為である。物理で一撃でやられることはまずないのに特殊でやられる可能性を生むはおかしいと思った。
調整の詳細
ゼルネのマジシャ乱1(6.3%)
ハイボで無邪気メガマンダ乱2(97%)
ハイボ+捨て身で丁度無振りゼルネ確定

モロバレルはトリル対策に採用、挑発で止まらないようメンタルハーブを持たせる。トリル下での最強技キノコの胞子、仲間を守る怒りの粉、グラオーガへの打点の草結び、縛り解除の守るを採用。ゼルネの相方としても使える。ガルーラの連撃と挑発を同時に受けない為ドーブルより役に立つ場合もある。技はテンプレだが特性は胞子を採用する。以前再生力を使っていたが後発に置くことが多く交代が少なく、高火力な禁伝環境で回復により確定数がずれるポケモンが見当たらなかった。それならガルーラ等に倒される時に状態異常を引ければアドになると思い胞子の採用に至る。
調整の詳細
特化ガルの捨て身耐え
オーガの特化雨潮吹き低乱2(3.1%)
この耐久ラインを確保すると8余り、Cに4振ると無振りオーガが47%の乱2から79%まで跳ね上がるのでC4振り
最遅

グラードンは追い風後の高火力全体攻撃アタッカーとして採用。ミラーに強い特殊型。ミラー対策の大地、高火力全体技の噴火、縛り解除の為の守る、ホウオウ対策のエッジとした。エッジの枠は10万等、再考の余地あり。臆病個体がない為控えめ個体を使用。控えめは最速ミラーに不利になるが火力が高く確定数のずれるポケモンも多いので悪くはないと思う。火力を求めてC特化、残りはドーブル意識でSに振るがドーブル抜きで止めるなら準速にした方がいいと思ったのでS252。

ゼルネアスはグラとの相性補完を考えて採用。グラカイは抜いておきたくそこまで振るなら最速をとった方がいいので最速にする。耐久に振って耐えたい攻撃が思いつかないのでCにぶっぱする(そもそも妥協個体だから調整とかできない....)。ジオコンは対策されすぎていて決まりにくいが隙を見て積めればほぼ勝ちみたいなところがあり他にもたせても強い道具もない為パワフルハーブにする。技はテンプレの守る、ジオコン、マジシャ、ムンフォにする。ムンフォを草結びにしてグラカイへの打点を確保するという手もあるが積めばこちらがグラカイに一撃で倒されることはない。ムンフォがなければガルーラを一撃で倒せず捨て身で倒されたり、耐えても不意打ち圏内に持ち込まれてしまうのでこの型がベストだと思う。初手は場が整っておらず積むのが難しいので後発にしたい。

ガルーラはマンダの選出しずらい時に選出する。マンダが不利な相手は、ミュウツー、ゲンガー、クチートディアルガライボルトマニューラ辺りでそれらに強くしたい。

以上です!ありがとうございました!