ポケモンセンター試験〜問題編〜

ピタゴラスです

センター試験が近いのでポケモン対戦知識に関する問題を作ってみました!選択問題なので気楽にできます!問題の後に回答のページへのリンクを貼るので回答をメモしてすぐに採点ができます!問題は全部で8問です!

 


それではどうぞ!

 


問1.HPの実数値が201のトロピウスが技「はねやすめ」と「こうごうせい」を使った時の回復量を述べた文として正しいものを1つ選べ。ただし、天候やその他の条件はないものとする。

①「はねやすめ」と「こうごうせい」の回復量はどちらとも100である。

②「はねやすめ」と「こうごうせい」の回復量はどちらとも101である。

③「はねやすめ」の回復量は101で「こうごうせい」の回復量は100である。

④「はねやすめ」の回復量は100で「こうごうせい」の回復量は101である。

 

 

問2.効果抜群になる悪タイプのわざのダメージを一度だけ半減する「ナモのみ」を持ったゲンガーに対して、バシャーモが技「はたきおとす」をした時の道具の発動と技の威力について述べた文として正しいものを選べ。ただし、ここでいう威力は「はたきおとす」自体の威力、またはその技自身の効果によって上がった威力のことである。

①「ナモのみ」は発動せず、「はたきおとす」の威力は65のままである。

②「ナモのみ」は発動せず、「はたきおとす」の威力は97になる。

③「ナモのみ」は発動し、「はたきおとす」の威力は65のままである。

④「ナモのみ」は発動し、「はたきおとす」の威力は97になる。

 

 

問3.相手のポケモンを火傷にする効果がある技の中で存在しないタイプを選択肢から2つ選べ。(完答で得点)
①ノーマル
②ほのお
③くさ
④みず
⑤こおり
⑥でんき
⑦あく
⑧ひこう
エスパー

 

 

問4.特性「かそく」と「ムラっけ」のポケモンを交代で繰り出したターンの終わりの特性の発動について述べた文として正しいものを選べ。

①「かそく」と「ムラっけ」のどちらとも発動する。

②「かそく」と「ムラっけ」のどちらとも発動しない。

③「かそく」は発動するが「ムラっけ」は発動しない。

④「かそく」は発動しないが「ムラっけ」は発動する。

 

 

問5.天候の「ひざしがつよい」と状態異常の「こおり」の関係について述べた文として正しいものを選べ。

①「ひざしがつよい」状態になった時、既に「こおり」状態だったポケモンの「こおり」は溶ける。天候が続く間、ポケモンは「こおり」状態にならない。

②「ひざしがつよい」状態になった時、既に「こおり」状態だったポケモンの「こおり」は溶けない。天候が続く間ポケモンは「こおり」状態にならない。

③「ひざしがつよい」状態になった時、既に「こおり」状態だったポケモンの「こおり」は溶ける。天候が続いていてもポケモンは「こおり」状態になる。

④「ひざしがつよい」状態になった時、既に「こおり」状態だったポケモンの「こおり」は溶けない。天候が続いていてもポケモンは「こおり」状態になる。

 

 

問6.トルネロスにミラータイプをして単ひこうタイプになったドーブルが技「はねやすめ」をしたターン、また特性「ふゆう」のラティアスが技「はねやすめ」をしたターンのタイプ相性について述べた文として正しいものを選べ。

ドーブルは単ノーマルタイプになり、ラティアスの特性は変わらない。

ドーブルは単ノーマルタイプになり、ラティアスは特性がなくなり地面タイプの技が当たるようになる。

ドーブルはタイプがなくなり全ての技を等倍で受ける状態になり、ラティアスの特性は変わらない。

ドーブルはタイプがなくなり全ての技を等倍で受ける状態になり、ラティアスは特性がなくなり地面タイプの技が当たるようになる。

 

 

問7.特性「ちからずく」のローブシンが道具「いのちのたま」を持って技「はたきおとす」を道具「だっしゅつボタン」を持ったマリルリにして耐えられた時の道具の発動について述べた文として正しいものを選べ。ただし、マリルリ側の手持ちには控えのポケモンがいるとする。

ローブシンは「いのちのたま」のダメージを受け、マリルリは「だっしゅつボタン」が発動して交代する。

ローブシンは「いのちのたま」のダメージを受け、マリルリの「だっしゅつボタン」は発動しない。

ローブシンは「いのちのたま」のダメージを受けず、マリルリは「だっしゅつボタン」が発動して交代する。

ローブシンは「いのちのたま」のダメージを受けず、マリルリの「だっしゅつボタン」は発動しない。

 

 

問8.フライゴンが技「ドラゴンテール」を道具「レッドカード」を持ったガブリアスにした時の道具と技の効果の発動について述べた文として正しいものを選べ。ただし、攻撃は外れず、どちらのポケモンも瀕死にならず、お互いに控えのポケモンがいたとする。

①「レッドカード」が発動しフライゴンは交代する。「ドラゴンテール」の効果によりガブリアスも交代する。

②「レッドカード」が発動しフライゴンは交代する。ガブリアスは交代しない。

③「レッドカード」は発動せずフライゴンは交代しない。「ドラゴンテール」の効果によりガブリアスは交代する。

④「レッドカード」は発動せず、フライゴンガブリアスも交代しない。

 

問題は以上になります。答えはこちら。

http://pythapoke.hatenablog.com/entry/2018/01/13/145528